本文へ移動

杵藤地区広域市町村圏組合消防本部

消防本部の組織

消防車両紹介

ポンプ車

ポンプ車

消火という業務が始まった、原点ともいうべき車である。
さまざまな火災現場で放水し、消火作業に活躍する。


タンク車

タンク車

この車は、中に1.5トンの水槽を持っている。
このため、火災現場の近くに部署し、他から水をもらうことなく、すぐに放水できる特徴をもっている。


救助工作車

救助工作車

多様化する特殊災害に対応するため、多くの救助資器材を載せた車である。
潜水器具等も積んでいる。


はしご車(35m級)

はしご車(35m級)

火災などの災害現場で、ビルなどの高いところの逃げおくれた人を救助する車である。
はしごを最大に伸ばせば、地上から35mの高さまで届く。