本文へ移動

杵藤地区広域市町村圏組合消防本部

消防広報

消防署活動記録「平成26年9月26日(金)杵藤地区消防本部総合訓練」

実施日及び実施場所

平成26年9月26日(金)
鹿島市大字山浦 中木庭ダム上流

実施目的

 今回の訓練は、災害が複雑多様化する中、地域住民の安全・安心を確保するため、訓練をとおして職員が災害活動等について再認識し、災害時における消防活動を円滑に遂行するとともに、関係機関との相互協力体制の充実強化を図ることを目的とし行われました。

訓練想定

 鹿島市内を走行中の旅行客を乗せたマイクロバスと大型バスが衝突し、多数の傷病者が発生。傷病者の中には7メートル下の崖下に数名転落し、河川に流された者もいると想定しました。

  • 訓練風景
  • 訓練風景

訓練開会式の様子

  • 訓練風景
  • 訓練風景

マイクロバスと大型バスが衝突、消防隊が2次災害に備え放水準備を行います

  • 訓練風景
  • 訓練風景

応急救護所の設置を行います。

  • 訓練風景
  • 訓練風景

トリアージポストの設置を行います。

※ トリアージポストとは
 医師や救急救命士がいち早く傷病者の重症度や緊急度を判断する場所をいいます。

※ トリアージとは
 傷病者が同時発生的に多数発生した場合に医療体制、準備を考慮しつつ傷病者の重症度や緊急度によって分別し、治療や搬送先の順位を決定することです。

傷病者発見