本文へ移動

消防お知らせ

記事掲載日:2012年06月20日

第35回佐賀県消防救助技術総合訓練において佐賀県代表に選ばれました

第35回佐賀県消防救助技術総合訓練において、
『ほふく救出』及び『引揚救助』の競技で佐賀県代表に選ばれました

平成24年5月30日に佐賀県消防学校で行われた第35回佐賀県消防救助技術総合訓練に県内各消防本部(局)から180名余り参加するなか、杵藤地区消防本部から6チーム計22名が参加した結果、陸上の部の『ほふく救出』及び『引揚救助』の競技で、共に佐賀県代表として選ばれ全国大会、九州大会へ出場することとなりました。

この総合訓練は、救助隊員の日頃の訓練成果を展示し、あわせて、知識及び技術の普及向上を図ることを目的としており、県内各消防本部(局)から多数のチーム、隊員が参加し技術を競い合うものです。

県内各消防本部(局)から選抜されたチーム、隊員が競い合うなか、杵藤地区消防本部の隊員たちは日頃の訓練の成果を十分に発揮した結果となりました。


『ほふく救出』の杵藤地区チームは、東京都江東区で開催される全国消防救助技術大会へ佐賀県代表として出場します。

陸上の部『ほふく救出』(佐賀県知事表彰) 1チーム:3名

出場選手
階 級 氏 名
消防士長 中村 良和
消防士 林  和樹
坂井 隆文

『引揚救助』の杵藤地区チームは、鹿児島県日置市で開催される九州地区消防救助技術指導会へ佐賀県代表として出場します。

陸上の部『引揚救助』(上位入賞) 1チーム:5名

出場選手
階 級 氏 名
消防士長 山下 大輔
消防士 有森  豪
永松 照久
小田 聖志郎
小森 大地

また、輪番制により水上の部『複合検索』(1名:出場者未定)でも全国消防救助技術大会へ佐賀県代表として出場します。



杵藤地区消防本部から選抜され出場した6チーム22名の隊員たちです。

←前の記事へ     ↑一覧へ戻る     次の記事へ→