本文へ移動

新着情報・トピックス

記事掲載日:2012年10月30日

村上医師が伝える「予防(与望)のススメ」講演会開催のお知らせ

みんなでつくる地域医療 村上医師が伝える「予防(与望)のススメ」

講 師 村上 智彦 (北海道夕張郡 NPO法人ささえる医療研究所理事長)
日 時 平成24年11月17日(土) 14時00分
場 所 武雄杵島地区医師会 3階講堂
(武雄市武雄町大字昭和300) TEL:0954−22−3344
主 催 杵藤地区広域市町村圏組合 事務局 0954-23-5142

演題 :「予防(与望)のススメ」

ポイント

~支える医療~ 主役は住民 医療福祉スタッフはサポーター!

  • 自分の身体を知って大切にすること!
  • 自分の身体に真剣に向き合う人を医者は大切にする!
  • いくつになっても予防は出来る!自分次第。早いに越したことはない!!
  • 予防は日々の生活の積み重ね!

 高齢化が進む社会において医療や福祉をどの様なレベルで、どの様に提供していくのかというのは、何処の国でも大きな問題となっている。高齢化に伴って医療や介護の費用が増えて、それが地域、さらには国の経済を圧迫するような状態になっている。そんな中で、「病気と戦う医療からささえる医療へ」というパラダイムシフトを基本に実践して、超高齢化社会で予防やケアを重視し、安心と安全、病気と障害等を何らかの基準で線引きをして、下り坂社会をどうやって幸せに下っていくのかという正解のないクイズに日々向き合うため、地域包括ケアから多職種連携、さらに一歩進んで他職種連携によって新たな繋がりを作りながら町創りを実践していく取り組み方を伝えていただきます。

村上智彦 先生

講師プロフィール
 北海道夕張郡
 NPO法人ささえる医療研究所
 理事長 村上 智彦 先生

1961年3月13日北海道生まれ うお座 51歳 血液型O型 医師、薬剤師、臨床検査技師、介護支援専門員、認定産業医、健康スポーツ医
医学部卒業後自治医科大学で研修し、岩手県藤沢町、北海道瀬棚町、新潟県越後湯沢、北海道夕張市で勤務後北海道岩見沢市にて開業し、「ささえる医療」を実践中

←前の記事へ     ↑一覧へ戻る     次の記事へ→