本文へ移動

杵藤クリーンセンター

施設の特徴

無公害処理をめざした施設です。

  1. 燃えがらは極めて衛生的です。
     流動床式焼却炉は燃焼性能が優れているので、未燃物が排出されることはありません。埋立て処理は衛生的に行えます。
  2. 燃焼ガスはクリーンな状態で排出されます。
     焼却炉の燃焼調節は自動化されているので、最適な燃焼状態に保たれており、窒素酸化物は最小限に抑制されます。また、塩化水素や硫黄酸化物は消石灰と反応し、ダイオキシン類は活性炭で吸着して、ばいじんと共にバグフィルタで除去されるため、煙突から排出されるガスは国の基準よりはるかにクリーンです。
  3. 施設で発生する汚水は外部に出ません。
     施設内のプラント排水や生活系の排水は、排水処理装置で処理した後、燃焼ガスの冷却に再利用されます。
  4. ごみの悪臭は外部にもれません。
     プラットホームの出入口にはエアーカーテンが、ごみピットの投入口にはごみ投入扉が設けられており、臭気の拡散が防止されています。ごみピットから発生する臭気は燃焼用空気として炉に送入されることで熱分解処理されます。
  5. 騒音や振動は外部に影響しません。
     各種のプラント機器は工場棟内に収容されています。さらに消音装置や防振装置を設けて、施設外部に影響が出ないように考慮されています。
杵藤クリーンセンター

自然環境との調和をめざした施設です。

処理工程の無公害化を図ると共に、建築物の意匠や色合いに工夫をこらし、また、 構内随所に植栽を施して、ごみ焼却工場のイメージを一新する施設としています。

資源の有効利用を図っています。

ごみの分別収集により資源ごみの回収と共に、焼却後の燃えがらから鉄分を回収して再利用を図っています。

ページTOP

処理能力

ごみ焼却処理施設
(燃えるごみの処理)
処理方式:准連続燃焼方式流動床炉
処理能力:138t/16h(46t/16h×3炉)
粗大ごみ処理施設
(燃えないごみ、粗大ごみの処理)
処理方式:併用方式
処理能力:44t/5h
埋立処分地施設
(灰、燃え殼、不燃物の埋立)
埋立方式:サンドイッチ工法
埋立容量:188,000㎥
埋立面積: 23,300㎥
動物焼却施設 240kg/4h
用地総面積 71,445㎡
建設事業費 当初:42億5千万
埋立地改造(H11~H12):6億
排ガス高度処理(H12~H13):20億

ページTOP

ごみ処理施設について

これまで行っておりましたごみ処理につきましては、佐賀県ごみ処理広域化推進事業において、より効率的な運営のために平成28年1月より「佐賀県西部広域環境組合(さが西部クリーンセンター)」に移行しております。なお、当施設につきましては平成29年度に解体を予定しております。

ページTOP

統計データ